10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【朝日杯FS】詳細レースカルテPART.1 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………


詳細レースカルテPART.1
朝日杯フューチュリティステークスGⅠ
12/18(日) 中山11R 芝1600M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒96RPM
●先行値⇒47RPM
●末脚値⇒49RPM
※当該クラスで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
朝日杯FS出走馬
↑出走予定馬の近三走RPM値はこちらから

≪レースカルテ①基本データ≫
RPM値勝負ライン
96【47-49】(クラスで勝ち負けするための目安)
コース
中山1600M(右・外回り)
Aコース使用(内柵を最内に設置)
高低差5.3M。直線310M
想定されるペースとレースタイプ
ミドルペースの持久戦。
逃げ馬候補
明確な逃げ馬不在(抽選馬の中から出る可能性が高そう)
休養明け(中10週以上)
ダローネガ、マコトリヴァーサルがともに中8週

≪レースカルテ②上位人気馬評価≫

登録馬を見た第一印象は「小粒」。

重賞勝ち馬は東京1400Mの京王杯2歳Sのレオアクティブとデイリー杯2歳Sのクラレントのみ。2歳牡馬シーンをリードすると目された札幌2歳Sの1、2着馬グランデッツァやゴールドシップ、東スポ杯2歳S覇者ディープブリランテ不在の組み合わせでは、2歳チャンプ決定戦とはとてもいえない。

阪神1600Mで行われる阪神JFがクラシックと直結するのに対して、トリッキーな中山1600Mで行われる朝日杯FSが皐月賞やダービーと関連が薄いのがその要因だろうが……。それにしても。盛り上がりには欠けるのは確か。

フルゲート16頭に対し、登録29頭。うち14頭が賞金900万以上で出走権を得る格好だが、鞍上未確定や連闘馬もおり回避組がでるかもしれない。

過去このレースを好走してきた馬は、ほぼ重賞好走組に絞られる。多くはデイリー杯、東スポ杯、京王杯2歳S。重賞未経験の馬では芝の500万条件をクリアしていることが最低条件となっている(1400M以上)。

さて。

今年のメンバーで上位人気が予想されるのは、デイリー杯2歳Sの1、2着馬、クラレントとダローネガ。そして京王杯2歳Sを勝ったレオアクティブの3頭だろう。今日のところはこの3頭の評価を。

デイリー杯2歳Sのレースレベルは昨年と比して格段に落ちるし、今年行われた主要な重賞の中でも下位だろう。その意味では、最内からロスのないスムーズな競馬のできた勝ち馬クラレントの力量は群を抜くようなものではない。逆に2馬身ほど出遅れ終始外を回った2着馬ダローネガの方が実質的なパフォーマンスは上位に取るべきだろう。

クラレントはデイリー杯の後に東スポ杯2歳Sを使われ13着に惨敗している。レース前の放馬の影響+不良馬場が堪えた印象で力負けとするのは可哀想かもしれない。まあ、だからといってアクシデントなく良馬場でやっていれば上位に入選したかどうかはまた別の話だが。現状の印象では東京1800Mの力勝負ではシンドイのは確かだろう。他馬をねじ伏せるような力強さは残念ながらないし、とくに強烈な武器を有しているとも思わない。

ダローネガは前走(岩田)は出遅れ⇒まくりで僅差2着だが、さすがにロスが大きかった。内容的に見るべき点は十分ありスムーズなら……と思わせるもの。賞金面で余裕があるために、以降休養(短期放牧)を挟んで中8週での臨戦。さて、今走。鞍上(佐藤哲)がどういった競馬を試みるのか。トビが大きいためリズムを崩さず走らせるのが第一だが、競馬にいって注文のつかないタイプで先行策~待機策まで出たなりに競馬ができるのは強みだろう。本来的にトリッキーなコースが合うタイプとは思わないが力量的には上位と判断していいのではないか。

一方、レオアクティブはどうか。前走・京王杯2歳Sは溜めに溜めて強烈な大外一気を決め、俄然注目される一頭だが。分析官の評価としては⇒

現時点で分析官が注目するのは、実はこの3頭ではなく、この馬⇒人気ブログランキングへ
前走内容は悪く見限りたくもなるが、道中、鞍上とひたすらケンカし続けた結果であって度外視したい。鞍上がスイッチする今走は巻き返す可能性を大いに感じている。中山コースは初だが父は中山マイルと抜群に相性が良かった。主軸に推せるかどうかはまだ検討中ながら強力な馬券候補として推奨したい。


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト

コメント

オケラです。長い休載機関を経て復活しました。
宜しければ遊びに来てください。

という事でポチ。

URL | Mrオケラ #- 【2011/12/14 18:56】 *edit*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/714-ccee323e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【朝日杯FS】~過去データ+傾向より~

【朝日杯FS】~過去データ+傾向より~ お送り致します。 正直この朝日杯は、中山1600mで開催されるということで、 【枠順】による影響が大きいので、現時点ではまだ どの馬が勝つか?というのは挙げる...

【競馬シンプル予想】 ~馬券は単複で勝負!!~鉄板軸馬公開ブログ~【2011/12/13 22:08】

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。