03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬最終予想

【中山最終12R】ハルパパの最終決断!PARTⅡ 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~
 
………………………………………………………………………………………………………

ハルパパの決断!
中山最終1000万下
1/21(土) 中山12R ダート1200M

≪RPM値一覧≫
土曜中山12R

≪ハルパパスコープ≫
こんにちは。ハルパパです。本当に久しぶりとなった条件戦の予想公開ですが、公開する以上はもちろんズバッと的中をさせたいものです。仮にハルパパ予想が的中に至らなかったとしても、この予想が参考となって一人でも多くの人が的中馬券を手中に収めることができればと思っています。過去走のデータは既成事実だから客観的なものですし、そうでなければ使えないデータだと思います。ただし同じデータを見ていてもその受け取り方が十人十色ですから予想が違ってくるのは当然のことですよね。

RPM値は競走馬のパフォーマンスを既成事実に従って数値化したものです。RPM値は今回のレースのパフォーマンス予測を示すものではありません。みなさんが馬券を買う時は専門紙やスポーツ紙に掲載されている馬柱に目を通していますよね。馬柱を見ながらあれこれと考えて予想をするのが普通だと思います。ただ馬柱はわかりづらいし、出走馬の横の比較が非常にしづらい。過去の出走履歴が違うということがネックになるわけです。前走成績ひとつ取ってみても競馬場が違ったり、距離が違ったりと様々です。さらに競馬は野外競技ですから天候によって時計の価値は変わってくるものです。RPM値はそのあたりを網羅して数値化されていますから数値に慣れてしまえば過去走のパフォーマンスを把握することに対してかかる時間は大幅に短縮されるはずです。

競馬で勝利するためには過去の既成事実を把握することと今回どうなるのかを予測することが必要ですよね。問題は掛ける時間の比率となります。ハルパパはこの比率は最低1:1程度必要かと思っています。理想は3:7。今回予測に7割の時間をかけることができれば相当納得の予想ができるのではないかと思います。ハルパパの場合はこの比率が崩れるとあまりいい結果は出ていないように思えます。できるだけ今回予測に時間を掛けることが出来るようにしていきたいと思っています。その一環としてRPM2012バージョンの開発を行っているわけです。先日も書きましたがRPM2012バージョンは従来のRPM値の内容が変わるものではありません。RPM値が示唆する内容を読み解くツールの開発と言ってもいいくらいですね。約1年半RPM値を使って予想をしてきていますから、RPM値の持つ長所と短所がわかってきました。RPM2012バージョンは長所が伸ばされて、短所が補われたスタイルで登場することになります。

RPM2012バージョンが導入されれば、あとはイマジネーション(想像)勝負となるわけです。本来競馬をする楽しみはここにあるわけですから、今後はみなさんと毎週末に盛り上がることができるようにしたいと思っています。できれば今春のGⅠシリーズに間に合わせたい。そんな目標を抱えながら日々RPM値と向き合っているハルパパです。今しばらくお待ちくださいね!

さて今日の競馬「中山12R」について少し補足しておきますね。

11:00現在の中山ダートの馬場コンディションは稍重の発表。昨晩の時点では凍結防止剤の散布は行っていないとのことです。1Rの3歳未勝利戦の勝ちタイムが1.12.7だから特別に速くもなく遅くもなくといった感じですね。昨晩予想時に想定していた状態よりも乾いている感じですかね。予想の変更はしませんが昨晩触れた⑭ガクニホシの今走評価は少し上げた方がよさそうですね。

今日は昨晩触れていなかった展開面について書いておきます。ダートの1200M戦はハイペースの消耗戦が基本だし、展開面での駆け引きはないのが基本。それでもまったくの無視はできませんからね。

まずは先行馬について。中山ダート、新潟ダートの1200M戦は共に芝スタートでほぼ同じ様なレースラップを踏みやすい。1000万条件クラスの馬であれば逃げ先行馬はスタートして最初の1ハロン目は11.8~11.9秒のスタートダッシュとなるのが基準ですね。これよりも速いラップを踏む先行馬がいるならばこのクラスでは抜けたスタートダッシュ力を持っている馬ということになります。が、今走そういう馬は不在となっています。先行力の比較は2ハロン目+3ハロン目のレースラップを比較することで浮き彫りになってきます。全馬について書いていると時間が足りないのでポイントになる馬に絞って比較していきます。

≪先行馬≫
エイブルサクセス 11.9-10.811.2 →【11.00】(2・3ハロン目の平均ハロンラップ)
         自身は前半3ハロン通過時で0.2差4番手
クロフォード   11.8-10.511.0 →【10.75】
         自身は前半3ハロン通過時で0.1差2番手
ヤマニンパピオネ 11.8-10.711.2 →【10.95】
         自身は前半3ハロン通過時で0.0差2番手
ミヤビヘレネ   11.9-10.711.5 →【11.10】
         自身は前半3ハロン通過時で0.0差1番手
ギガワット    12.0-10.911.2 →【11.05】
         自身は前半3ハロン通過時で0.2差3番手

≪差し馬≫
スノードラゴン  11.8-10.2-11.0 →【10.60】
         自身は前半3ハロン通過時で1.2差11番手
リックムファサ  11.8-10.4-11.4 →【10.90】
         自身は前半3ハロン通過時で0.5差9番手
ガクニホシ    11.9-10.6-11.0 →【10.80】
         自身は前半3ハロン通過時で0.8差7番手

先行馬を比較すると5頭の有力馬の中ではクロフォードとヤマニンパピオネの2頭がより厳しいラップを踏んで先行争いをしていることがよくわかります。特にクロフォードの2ハロン目の10.5秒のラップは速い。RPM値をみるとこの2頭の先行値が62RPM以上になっています。ヤマニンパピオネが62RPMでクロフォードが65RPM。馬場差を考慮したRPMでみてもこの2頭の先行力が一枚上であることを示していますね。スタートの出方が同じならば内目の枠順であるクロフォードがハナにいくと見ていいでしょう。ヤマニンパピオネはクロフォードのハナを叩いて最内に切り込むことはできないでしょう。進路変更は2馬身程度前に出ないとルール上審議の対象となりますからね。そこまでのスピード差はありません。しかも元からクロフォードの方が速いわけですからね。

ところが…ラップ的には上記のような判断ができますが、過去走においてクロフォードがハナを主張したことがありません。となると…ヤマニンパピオネにすんなりハナを譲ることの方が現実的だと思われます。ハルパパはヤマニンパピオネが逃げてクロフォードが2番手に折り合うといった展開読みをしています。このことにより先行馬が残れるかどうかが重要となる4ハロン目は12秒台で流れることになりそうですね。

どちらが逃げるにしても想定される今走のレースラップはクロフォードかヤマニンパピオネの前走並みのレース展開になるとハルパパはみています。クロフォードが抑えが利くタイプだということが重要で無理なハナ争いはないと想像できるからです。

あとは差し馬の考察ですが、RPM値的にはリックムファサは一枚、二枚落ちの感じは否めません。有力差し馬3頭のレースラップをみてみます。

スノードラゴン 11.8-10.2-11.0-11.811.9-13.6
リックムファサ 11.8-10.4-11.4-12.712.9-13.1
ガクニホシ   11.9-10.6-11.0-11.812.0-12.7

赤字で示した4ハロン目と5ハロン目に注目するとスノードラゴンとガクニホシのレースの先行馬は5ハロン目までぶっ通しで速く走らされる厳しい展開だったことがわかります。最後の1ハロンの時計を見れば一目瞭然で、はっきりとバテています。その流れを最後の1ハロンで後から行ってバテてしまった先行馬を交したという結果です。リックムファサのレースは先行馬のバテがひどくこれはペースの厳しさではなく、レベルの問題でしょう。たしかに前走は500万条件ですから頷けます。リックムファサが能力一枚・二枚落ちというのは理解できます。

もう一度今走でペースをつくりそうなヤマニンハピオネの前走レースラップを引用します。

ヤマニンパピオネ 11.8-10.7-11.2-12.012.3-13.2

4ハロン目の12.0秒というのは楽な流れではありません。この時点ではまだ競り合いが続いていました。ですから最後の1ハロンでは苦しくて失速しているわけです。今回はクロフォードが控えて番手に折り合うことでこの4ハロン目のラップが緩むことになりそうです。この4ハロン目が緩めば最後の1ハロンは12秒台でまとめられる力量はあります。

あとはスノードラゴンが先行馬有利の展開を休み明けながら差し切れるのか、ガクニホシが間にあってしまうのか。これが考えどころだということです。

スノードラゴン  106【51-55】
ガクニホシ    105【46-59】
クロフォード   103【65-38】
ヤマニンパピオネ 106【62-44】

上記有力馬のRPM値とラップ考察の融合がRPM2012バージョンの目指すところです。
RPM値の短所は特殊なレースラップを刻んだ厳しいレースを見逃してしまうことがあること。それでも新聞の全体時計とか上がりの時計を見ているより遥かに正確にレースは掴めるのですがね!
あらためて、スノードラゴンの106RPMとヤマニンパピオネの106RPMは総合値が同じでも今走の数値の推移を予測するにはRPM値を読み解くツールの必要性を感じます。

上記のプロセスと馬場状態を踏まえて出したハルパパの最終決断は…

【ハルパパの最終決断!】

★⑩ヤマニンパピオネ
$⑦スノードラゴン
$⑭ガクニホシ
$④クロフォード
$①エイブルサクセス
△ミヤビヘレネ
△リックムファサ

【勝負馬券!】

馬連 ★=$$$$の4点!
三連複 ★1頭軸で★=$$$$⇒$$$$△△の14点!
三連単 ★=$$$$⇒$$$$△△の40点!

ハルパパは上記馬券で今年最初の大勝負をかけるつもりです。頑張りますよ!応援よろしく!

【お知らせ】メルマガ読者のみなさんへ

本日配信予定のメルマガは「AJCC」をテーマにしたハルパパVS分析官の重賞放談を予定しています。
配信の時間は夕刻以降となりますのでご了承ください。本日中には配信いたします。


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト

コメント

パピオネ

パドックはよかったので単復で勝負してみます!
いくらかけようか・・・

URL | 馬券猫 #- 【2012/01/21 15:52】 *edit*

出遅れ終了

これではお話にならない。
まさかの出遅れ。

URL | 馬券猫 #- 【2012/01/21 16:18】 *edit*

馬券猫さん。どうもです。
本当に痛恨の出遅れでしたね。
最終決断の$上位2騎と穴で推奨したミヤビヘレネの決着となってしまいました。スノードンに★でも良かったのですが、休み明けの馬で馬体重も確認できない前日予想では★は打てません。それにしても…中山金杯での★のアクシデントに始まり年明けから気分がすぐれません。

URL | ハルパパ #- 【2012/01/22 13:32】 *edit*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/745-43463eea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。