03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【シルクロードS】詳細レースカルテPART.2 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………


詳細レースカルテPART.2
シルクロードステークス GⅢ
1/28(土) 京都11R 芝1200Mハンデ戦

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒113RPM
●先行値⇒55RPM
●末脚値⇒58RPM
※当該クラス&コースで勝ち負けとなる目安

≪RPM値一覧≫
シルクロードS(55キロ)
↑出走予定馬の近三走RPM値一覧


≪レースカルテ③展開予測≫
出走メンバー確定以前に展開を予測するには無理があるが、できる範囲内で……。

登録メンバーの中で近走逃げているのは、以下の5頭。
エーシンダックマン
シンメイフジ
ダノンエリモトップ
ヘッドライナー
ロードカナロア

上記以外では、五走前にエーシンヴァーゴウとマジンプロスパーが逃げているが、ともに本質は逃げ馬ではなく先行馬。理想のポジショニングは2~4番手の馬として良く、明確な逃げ馬がいる今走はハナを主張する可能性は低い。

さて。先に挙げた5頭を順に見ていく。

まず、シンメイフジは近走で中距離路線を歩んでおり、逃げたといっても久々のスプリント戦で通用するような強力なスピードタイプではない。先行するのも厳しいと見て、とりあえず除外する。ダノンエリモトップは三走前にダート戦とはいえ61RPMの先行値を記録しているところを見ても行き脚はそこそこ速い方だろうが、そもそも芝レースが二戦目で久々。他を制してハナを奪う可能性はさすがに低いか。キャラクター的にもハナにこだわるタイプではない。前走は中団からの競馬だが、ペースが異常に速かったことも要因のひとつ。基本的には前で競馬をしたいクチだろう。ロードカナロアも条件戦ではハナを叩いていたが、ここでムリをするとは思えない。オープンに上がって以降、他馬の出方を見定め好位から理想的な競馬で勝利している以上、ここも3~5番手の競馬を目論むと見るのが妥当だろう。

つまり、純粋な逃げ馬候補はエーシンダックマンとヘッドライナーの二頭に絞って差し支えない、とするのが展開面の入り口となろうか。

では、よりハナにこだわるのはどちらか……。

これは過去走から見ても明らかで、徹底してハナを主張するのはエーシンダックマンの方。陣営も認める通り、ハナを切ってこその馬である。控えて味のある競馬が可能ならとっくに脚質展開を試みていただろう。キャリア19戦すべてで逃げている以上、ここでも当然逃げの一手だ。

一方、ヘッドライナーはどうか。テンのスピードは決して速い方ではないが、基本的には積極策を獲り続けており動きが軽ければハナに色気を見せるタイプとしていい。「動きが軽ければ」と条件を付けるのは年齢的なものを含め近走ズブさが目立つからである。前走、スプリンターズSでハナ争いができたのも、ペースが緩んだことで結果的に“対応できてしまった”のが理由だろう。近三走の先行値を見ると、52RPM⇒38RPM⇒52RPM。全盛期のような60RPMを超える速さは影を潜め、この馬の単騎逃げなら50RPM弱のスローに落ちるのは間違いない。

つまり、アクシデント(出遅れ等)でもない限り、まずはエーシンダックマンの逃げによる52~55RPM程度の平均ペースの流れになると見るのが妥当だろう。仮にエーシンダックマンが外枠に入ることになってもハナを主張する以上、ペースそのものは大きく違わない。単純に後半の余力がなくなることで馬券圏内の可能性が低くなるだけだと見ている。

さて。おおよそペースの見当はついた。

この52~55RPM程度の平均ペースで流れた際、クローズアップされる馬はどういったタイプか……。舞台が京都でペースが平均。ならば上がりはおのずと速くなろう。つまり安定した高い末脚値を持つ馬にチャンスがあるのではないか?

たとえば、ロードカナロア。自身は先行馬だが、近走の末脚値は52RPM⇒77RPM⇒72RPM。数値の低い三走前は条件戦でもありレースレベルも低かった。重賞の前走でも70RPM超えの切れ味を見せている以上、当然候補の一頭だろう。もちろんスキがないわけではない。昨日も記したが、先行値の低さ=速い流れの経験がないことで、今走、自身45~50RPM程度のペースで追走した際、末が崩れないかどうか。一抹の不安はある。その意味では、位置取りがロードカナロアよりも後ろで、かつ速い流れの経験もある 人気ブログランキングへ はひょっとすると頭まで突き抜ける可能性があるのでは……と密かに期待している。

新興勢力はどうか。ダノンフェアリーは近走のパフォーマンスからは案外ここ通用の下地を感じさせるが、イメージとしてはロードカナロアの一枚下。勝ち負けを期待するところまではいかない。キョウワマグナムも期待感はあるが、対ロードカナロアでは見劣る。これならいっそ自身でペースを握れるエーシンダックマンの方が可能性は大きいのでは?

結論は先にとっておき、今日のところは基本的な展開面を押さえることに留めておく。

シルクロードS⇒逃げ候補エーシンダックマン
レースペース52~55RPM(Mペース持久戦)

………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

URL | 職務経歴書のダウンロード #- 【2012/01/26 12:24】 *edit*

職務履歴書のダウンロードさん、
コメントありがとうございます。近頃サボり気味なのですが……。
多少なりとも参考になれば幸いです。

URL | 分析官 #- 【2012/01/26 14:37】 *edit*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/749-4a23fcf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。