08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【東京新聞杯】詳細レースカルテPART.1 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………

詳細レースカルテPART.1
東京新聞杯 GⅢ
2/5(日) 東京11R 芝1600M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒115RPM
●先行値⇒58RPM
●末脚値⇒57RPM
※当該クラスで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
東京新聞杯出走予定馬RPM値
↑出走予定馬の近三走RPM値はこちらから

≪レースカルテ①基本データ≫
RPM値勝負ライン
115【58-59】(クラスで勝ち負けするための目安)
コース
東京1600M(左回り)
Dコース使用(Aコースから9M外に内柵を設置)
高低差2.7M/直線525.9M
想定されるペースとレースタイプ
スローペースの瞬発戦。
逃げ馬候補
明確な逃げ馬不在
休養明け(中10週以上)
キングストリート、ゴールスキー、ミッキードリーム、ラインブラッド、ランチボックス、ロビンフット(全登録馬24頭対象)

≪レースカルテ②力量比較≫
出走馬未確定の状況だが、出走決定順上位18頭(フルゲート16頭)を対象に力量把握に努めたい。

さて。展開面は明日考察するが、メンバー構成からは逃げ馬が見当たらず、さほどペースが上がる印象を受けない。少なくともHペースの線はなく、S~Mペースで流れると思われる。となると、展開上ふたつの決着イメージをもつ必要がある。Mペースならば力量を優先した取捨だろうが、Sペースとなれば折り合い難、かかり癖を抱える有力馬が目立つことから思わぬ荒れ決着もあり得るのでは? そのあたりは明日に譲るとして、今日のところは力量面を。

上位人気が予想される有力馬は以下の5頭だろう。

コスモセンサー  112【59-53】(前走・ニューイヤーS1着・中山1600M)
サダムパテック  112【70-42】(三走前・菊花賞5着・京都3000M)
ダノンシャーク  106【47-59】(前走・京都金杯2着・京都1600M)
フレールジャック 111【70-41】(二走前・菊花賞10着・京都3000M)
マイネルラクリマ 110【58-52】(前走・京都金杯1着・京都1600M)

サダムパテック、フレールジャックのRPM値は極端に条件の違う菊花賞のものだけに参考にしにくいが、両馬の鳴尾記念のパフォーマンスが108RPMと106RPM。上昇度のある4歳馬とはいえ、さほど過大評価できる組み合わせでもない。

順番に見ていく。

コスモセンサー
年末のファイナルSと年明けのニューイヤーSを連勝しており勢いはメンバー屈指。ゲートの出が早く軽快ともいえる先行力が魅力で、ある程度レースが流れさえすれば先手必勝の構えだろう。問題は今走・アテにできる逃げ馬が不在なこと。積極的に逃げる作戦は取らないように思うが、結果的に押し出されるケースは想定する必要がある。となると、500M超の直線が凌ぎ切れるかどうか。ここ二走を見る限りでは、オープン特別では力量差が明確。当然、GⅢなら勝負になるし、好枠を引けば主軸視もできるわけだが、舞台が東京となると少しひっかかる。二走前のファイナルSは直線の長い阪神マイル(470M超)が舞台だったが、道中3番手で折り合い、追い出しをギリギリまで我慢できたのが勝因。逃げてかっこうの目標になった際にはゴール前でバタバタと差されるシーンもあるか。馬券候補は当然も軸にできるか否かは展開面をしっかり読み解くことがポイントとなろうか。

サダムパテック
個人的には弥生賞の時に抱いた違和感をずっと引きずっている。というのも、抜群のパフォーマンスを披露した2歳時の東スポ杯では「これならダービーも視野に入る」と思わせたし、その後の朝日杯FSでも負けたとはいえ強さの片鱗ははっきりと見せていた。ところが……。一度馬体を緩めた弥生賞は勝利したとはいえ不満だらけ。まず、走りが野暮ったいし末に凄みがない。それは2着した皐月賞でもダービーでもセントライト記念でも感じた。唯一距離不適と思われた菊花賞だけは基礎能力の高さを再認識できる内容だったのだが……。その後の鳴尾記念、京都金杯とどうも不甲斐なさが残るレースぶり。理由は何なのか。ひとつには「馬体のバランスに問題がある」と感じている。ダービー時のカルテで指摘したのが、「坂路でバリバリ鍛えた結果マイラー型になった印象」。つまり「重い」のだと思う。パワーが優先されるダートならともかく(転向もあるか)、芝のスピード決着ではすでに分の悪い馬体構成になっている。それが切れ味を削ぐ第一の要因だろう。加えて、相変わらず折り合い難からのスタミナロスが顕著。これまた末のキレに影響を与えている。つまり、現状のままでは、「ズバッと差し切る豪快なキレ味」を求めるのは酷なのでは? とするのが分析官の見解。とくにスローの瞬発戦ではさらに分が悪くなっているように思う。古馬GⅢならもっと切れる馬は他にいるだろうと。基礎能力の高さから掲示板を確保することに違和感はないし、得意の東京で3着を拾ったとしても驚かないが、勝ち負けの線は「疑問」としておく。

ダノンシャーク
これでもずいぶん成長したようだが、馬体はかなりコンパクトな作りで、さほど距離に融通が利く方ではないだろう。1600M~1800Mがベストでコースによっては2000Mにも対応するといったところ。元々は気の勝ったタイプで入れ込みがきつくなるときもあったが、このところレースへ行ってもスムースに折り合いがつくようになってきた。レースでの位置取りが安定しないのは、鞍上が馬の機嫌を損ねずに乗るからだろう。RPM値の先行値を見ると、34RPM⇒18RPM⇒47RPM。流れが速まれば後ろからの競馬だし、緩めば前々で運ぶパターン。ただし気の悪い面を見せる可能性もあり、あまり馬込みには入れたくないクチ。今走、流れは緩みそうだが、現状のレースぶりから枠が真ん中より外なら後方待機策を、内枠を引くようなら前々での競馬を選択すると見ている。久々の輸送は気になるが、現状の走りからはここでも上位評価は必須。

フレールジャック
カルテでは神戸新聞杯で初めて取り上げたと記憶するが、当時から「マイラー型」と見ており、現状も基本的な見解は変わらない。ポテンシャルという点では世代上位だしマイルなら古馬GⅢでも十分勝ち負けできる器だと思うが、問題は折り合い難。先々を考えても折り合いに進境を見せない限り明確に頭打ちとなるのでは? 今走も想定どおりの流れなら、かかってハナ争いするケースが出るかもしれない。理想は内枠を引いて馬込みで我慢をさせる(前に壁を作る)競馬だろうが……そのあたりがどうか。前走・鳴尾記念4着の評価は分かれるところだが、スローで馬を我慢させるのに四苦八苦の状況では結果的に良く走ったとすべきか。休み明けということもありテンションの入り具合はしっかり確認することをお薦めする(パドック~返し馬)。

マイネルラクリマ
前走時、+10キロと馬体を大きく増やしてきた(自己最高)。馬体写真を見る限り今走も同程度だろう。前走よりもムダな部分を削いできたことで少しシャープな印象を受けるが、時期的なものもあって作りとしてはまだ立派。もう少し筋肉が馴染んでくればさらに良くなるように感じるが……。近走、東京1600M戦で連続3着し、前走・京都金杯を勝利。安定したレースぶりで今走の期待感も大きい。力をつけた今なら……と思いつつも、マイナス材料もある。問題は、脚質と東京コース。基本的には先行策を取ることになるだろうが、使える脚に限りがあるため、使いどころが難しい。平坦・京都ならまだしも、舞台が東京となると鞍上の腕・読みに大きくウエイトがかかる。今回・乗りなれた松岡⇒テン乗りの柴田大にスイッチするのは、正直、不安材料としておく(年明けから柴田大の調子はいいのだが……)。逆にここで結果を出すようなら今年大きくブレイクする可能性もあるが……。


とりあえず上位人気を形成すると思われる5頭を見た。
現段階で、主軸を任せるとすれば、おそらくこの馬⇒人気ブログランキングへ

明日、展開面を考察する際に伏兵馬についても取り上げるが……。
混戦必至だけに穴馬として注目するのは⇒

………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/760-1f1a317a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。