03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【フェブラリーS】詳細レースカルテPART.1 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………



詳細レースカルテPART,1
フェブラリーS GⅠ
2/19(日) 東京12R ダート1600M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒118RPM
●先行値⇒60RPM
●末脚値⇒58RPM
※当該レースで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
フェブラリーS RPM値一覧
↑出走予定馬の近三走RPM値

≪レースカルテ①基本データ≫
RPM値勝負ライン
118【60-58】(クラスで勝ち負けするための目安)
コース
東京ダート1600M(左回り)
高低差2.5M。直線501.6M
想定されるペースとレースタイプ
Mペースの持久戦~消耗戦
逃げ馬候補
トランセンド、ケイアイテンジン
休養明け(中10週以上)
トランセンド

≪レースカルテ②詳細解説≫
近走のパフォーマンス内容から序列を作れば以下のようになる。

1位トランセンド    119RPM(三走前・南部杯)
1位エスポワールシチー 119RPM(前走・平安Sおよび三走前・みやこS)
3位シルクフォーチュン 115RPM(前走・根岸S)
3位テスタマッタ    115RPM(前走・根岸S)
5位ワンダーアキュート 114RPM(二走前・JCD)
前評判からは「トランセンド一強」の構図だが、RPM値を基準にすればエスポワールシチーも遜色はない。まずは、トランセンド以外の上位陣の走りを確認しておく。

エスポワールシチー
南部杯は休養明け(3カ月半)もあり自身演出したHペースの消耗戦の結果、ラスト100Mで失速。4着に沈んだものの内容はあった。その後、58キロを背負ったみやこSは力の違いからトウショウフリーク以下を一蹴(119RPM)。一時の不振から脱出した印象を受けたわけだが……。問題は二走前・JCD3着(114RPM)と前走・平安S2着(119RPM)をどう見るか。JCDはトランセンドのマイペース逃げに対し1馬身~1.5馬身後方の2番手を進んだまではよいとしても……。直線伸びずにワンダーアキュートにも捉えられて2馬身差の3着。舞台が東京1600Mに変わっても逆転のイメージが沸かない厳しい敗戦となった。続く平安S2着は8枠+58キロで終始3番手。直線向いてからの反応も前を行くヒラボクキングと同等かそれ以下。挙句3着シルクシュナイダーにもクビ差まで詰め寄られる0.2差2着。印象としては「笛吹けど踊らず」。デキの良し悪しとは違い「前を捉えてかわすための闘争心に欠けている」というのが分析官評価。パフォーマンス的には119RPMを出しており軽く扱えないのは確かも、打倒トランセンドを目論む馬にしては不安の方が大きい。馬体面からマイナス材料は見受けられず、追い切り内容もまずまず。つまり肉体的には走れる状態だろうが、精神面に疑問符が付くとしておきたい。最終判断はハルパパに委ねるが、主軸級に扱うには抵抗感があり「押さえ評価」までか。

シルクフォーチュン
前走・根岸SはMペースの持久戦で力の決着だったことを見れば、その走りは「驚嘆」のひとことだ。1400Mとはいえ4角最後方から34秒台の末脚でまとめて面倒を見るのだから、破壊力はケタ違い。ペースの問題もあり数値としては115RPMに留まるも、流れによってはトランセンドに届く可能性も否定できない……とまあ、それぐらいの評価はしていいように感じる。この馬の隙は「距離とデキ」。南部杯3着はハイペースの消耗戦で展開面の「利」を受けたのは間違いなく、ただちに距離克服とはできない。デキに関しては「?」。中2週で最終追い切りの一本だけでは……。プロキオンSの後に一息入れているが少々使いづめの感もある。ただし、もしもトランセンドが負けるようなことがあれば、後ろからズドンと飛んでくるタイプと見ており、その資格はあるとしておく。

テスタマッタ
今さら能力に疑問を挟むつもりはないが、いずれにせよ「折り合いがすべて」だろう。前走・根岸Sはやや出負け気味も直後から掛かり始め鞍上はブレーキを踏みっぱなし。1400Mとはいえテスタマッタ自身にとっては緩い流れだったのだろう。今走トランセンドのマイペース逃げとなれば平均の流れ(60RPM~64RPM)だが、他の馬=エスポワールシチーがハナを奪う、あるいは番手を確保するようなら少々流れは速くなる可能性が出てくる。テスタマッタにとっては武豊-エスポワールシチーの積極策を歓迎するかっこうか。少なくとも前走よりは緩い流れになるとは思えず、その点に関してはわずかながら光明は見える。さほど上位人気に推されるとは思わないが(5~6番人気?)、存在としてはかなり不気味だ。

ワンダーアキュート
JCDでは後方から上がり最速でエスポを捉え2着、東京大賞典では先行して最強馬スマートファルコンをあと一歩(ハナ差)まで追い詰めた。現時点での力量評価ではトランセンドに次ぐ2番手が妥当だろう。ただし近走のメイチ勝負は東京大賞典であり、今走に関してはデキを見極める必要がある。中間は順調に調整を重ねているものの最終追い切りは微妙(馬場もやたら重かったが……)。馬体面からも少し余裕があり完調とは言いにくい。また流れを想定すれば、久々のマイルで「先行するには忙し過ぎる」ため中団からの差し競馬を基本線と見ており、トランセンドの直線での二枚腰を捉え切れるかといえば……。疑問の方が大きい。もっとも相手候補の一頭には推すことになりそうだが。

あと一頭、見ておく。

ダノンカモン
正直なところ昨秋感じた上昇味は薄れており、デキに対する疑問は大きい。距離不適と見るJCD5着は及第点も、「先頭に立つとソラを使う」と嘆いた武蔵野S2着にせよ、「結果的にステップ仕上げ」とした根岸S5着にせよ、トランセンドを追い詰めた強さや勢いは微塵もなく、逆に不甲斐なさが際立った。本番はあくまで今走とはいえ、重賞タイトルを獲っていない以上、ステップ戦も勝ちにこだわる姿勢が必要だったのでは? 個人的にはまったく馬券を買う気にはなれないのだが、ハルパパが最終的にどう判断するか(まあ相手なりには走りますが……)。

実はもう一頭気になる馬がいて……。土曜日のメルマガでクローズアップする予定。ちなみにこの馬です。⇒人気ブログランキングへ

………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/775-bef7cc89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。