10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【マイラーズカップ】ハルパパの最終決断! 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………

◎ハルパパ・スコープ
マイラーズカップ GⅡ
4/22(日) 京都11R 芝1600M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒110RPM
●先行値⇒59RPM
●末脚値⇒51RPM

マイラーズC馬柱
↑出走馬の近三走RPM値

こんにちは。ハルパパです。昨日の「鎌倉ステークス」は★→△→$の決着で三連複のみの的中に甘んじてしまいました。3番人気→2番人気→1番人気の決着では馬券収支は大きく獲りガミも仕方ないところです。結果論としては2着に好走したスノードラゴンの評価を誤ったことが敗因ですね。

「鎌倉ステークス」の考察は結果として報われなかったけれど、RPM値を使った競馬予想プロセスはきちんとお伝えすることができたと思っています。たかだか準オープンのダートの特別戦ではあったけれど、一つのレースを深く掘り下げて考察することにより、そのレースの本質にグッと迫ることができるものです。1番人気であったサイオンが主軸に向かなかったこと(結果3着に敗退)、★にすべきはガンマーバーストであったこと(結果3番人気1着)の判断は馬券の入り口としてはとても重要なことです。

ハルパパの最終決断はともかくも、みなさんが自身で決断をするための材料は十分に提供できたのではないかと思っています。そういう意味で「鎌倉ステークス」の予想公開は今後につながるものだったと確信しています。

さて日曜競馬について。

開幕週ということもありきちんと馬場を見極めることが重要ですね。来週の天皇賞(春)に向けてしっかりと準備しておきたいと思います。今日はかなり不確定要素が多いレースばかりで手を出しづらい感じが強いですね。ということで日曜競馬は京都の重賞「マイラーズカップ」に絞って考察をしてみたいと思います。

【マイラーズカップGⅡ】

このレースは力量馬にとってはこの先にあるGⅠ「安田記念」の試走レースであることがポイントとなります。つまり力量馬には隙があるということです。力量馬は今回58キロを背負っての出走となります。具体的には⑭リアルインパクト、⑯エイシンアポロン、⑱グランプリボスの3頭でいずれもマイルGⅠの勝馬です。負担重量58キロというのはGⅠを狙う馬にとって問題ではないのですが、他馬との2キロ差があるという事実は無視できないところです。しかも力量馬とされている3頭の近走の成績をみても突出感がありませんよね。エイシンアポロンくらいですか。富士ステークス1着→マイルCS1着は馬柱の上では光る内容です。それでも今回は5カ月の休み明けとなりますから隙がありますね。リアルインパクト、グランプリボスに至っては近三走で1着の表記がない馬柱になっています。そして3頭に共通していえることは有利とはいえない外枠に入ったということ。

隙がある力量馬が好走するかどうかの見極めは能力差だと思っています。能力差が大きければ問題としないでしょう。ここも勝って安田記念も勝つ、或いは好走する。ただし今回の力量馬とされている3頭は歴代のスペシャルホースと比べて粒が小さい印象は否めません。隙を埋め合わせできるほどの能力差がない=他馬にも十分なチャンスがあるというのがこのレースのハルパパの印象ですね。

フルゲートの18頭立てですからまずは馬券対象とすべき馬と切る馬を整理するところから始めましょうか。

≪RPM値で消し馬を炙り出し!≫

古馬GⅡの勝負ラインの目安は110RPMですから勝ち負けを争うのには近三走で少なくとも105RPM以上のパフォーマンスを見せていないとならないでしょう。仮にスローの展開で近三走の全てで数値を落としていた馬がいたとしても問題ないと思います。なぜならば今回のレースは平均ペースを下回るとは考えづらく、追走そのものが楽ではないからです。つまり近三走でスローの瞬発戦という緩い競馬をしている馬はペースに戸惑う可能性が大きいということです。これがもう少し距離があれば潰しが利くのでしょうが、マイル戦はボヤボヤしているとレースが終わってしまいますからね。

ということで近三走で105RPMをマークしている馬を枠順の内から拾いだします。

①トーセンレーヴ、⑥コスモセンサー、⑦レッドデイヴィス、⑪フィフスペトル、⑬ヤマカツハクリュウ、⑭リアルインパクト、⑮ダノンヨーヨー、⑯エイシンアポロン、⑰シルポート、⑱グランプリボスの10頭。8頭をこの段階で消し込みます。

一応消し込む馬の中でみなさんが気になるであろう馬について簡単に触れておきます。

③ダノンシャークは近走決して緩い競馬ではないにも関わらず数値が105RPMに未達となっています。つまり不当に評価が低くなっているわけではないということ。単純にGⅡではパンチ不足の馬だと思えます。さらには当初目標にしていた「六甲S」を外傷で見送った経緯があります。オープン特別が青写真であった馬が順調さを欠いてGⅡで好走するとは思えません。よって消し。

⑤トウショウフリークは芝のマイル戦でも掲示板を確保していますが、速い時計の決着は未知。開幕週でもあり馬場状態が良好であることから厳しいでしょう。今日は小雨が降り続けて稍重程度にはなると思いますが、昨日の馬場状態と決着からみて良馬場の感覚でいいと思っています。速い時計の裏付けがなく消し。

ということで先にふるいに掛けた10頭で考察をしていきます。

【RPM値上位10傑】

01位 ⑰シルポート      115【68-47】 前 走  中山記念   芝1800M 
02位 ⑪フィフスペトル    114【58-56】 二走前  マイルCS  芝1600M
03位 ⑮ダノンヨーヨー    111【54-57】 前 走  マイルCS  芝1600M
04位 ⑯エイシンアポロン   110【54-56】 前 走  マイルCS  芝1600M 
05位 ⑥コスモセンサー    109【59-50】 二走前  ニューイヤー 芝1600M
〃 位 ⑱グランプリボス    109【53-56】 二走前  阪神カップ  芝1400M
07位 ⑦レッドデイヴィス   106【40-66】 三走前  鳴尾記念   芝1800M
〃 位 ⑬ヤマカツハクリュウ  106【50-56】 二走前  阪神カップ  芝1400M
09位 ①トーセンレ―ヴ    105【50-55】 前 走  洛陽S    芝1600M
〃 位 ⑭リアルインパクト   105【43-62】 前 走  中山記念   芝1800M

数値上の序列はこんな感じですね。ここから考察を入れてさらに絞り込んでいきます。

⑰シルポート…外枠に入りましたがここも徹底した逃げでしょう。強力な同型が不在ですが気になる先行争いについて触れると、⑥コスモセンサーは逃げ馬ではないこととシルポートと同厩ですからすんなり好位に控えることになりそう。⑤トウショウフリークも好位で折り合ってレース運びをするレースを学習中で、前走あたりを見ていると板についてきました。今回も好位で折り合いに専念となりそうです。となるとここは単騎逃げが濃厚ですかね。ただし西園調教師のコメントで「お行儀のいい逃げはこの馬には不向き」とあることから比較的「溜め逃げ」を試みてきた小牧騎手にも徹底した離し逃げを指示していると思われます。前走はそれが巧く嵌まった感じですが当時は相当の道悪馬場でした。有力どころは後ろに構えてボヤボヤしている隙をついての逃げ残りだったわけです。今回も力量上位は後ろからですから状況は似ていますから再度注意は必要ですかね。唯一、②リーチザクラウンの出方が不気味なところです。リーチザクラウンが玉酔の逃げと出た時には小牧騎手も困るでしょうね。指示はおそらく徹底抗戦なのでしょうがリーチザクラウンの管理厩舎は橋口厩舎です。橋口調教師は小牧騎手の恩師ですからね。

⑪フィフスペトル…マイルCS2着は認めることができる力量です。叩き2戦目の上積みもありそう。追い切りの状態はすこぶる良好です。前走の敗因は休み明けが主たる原因でしょうが道悪は不得手です。今回は雨量がこの馬の好走・凡走に大きく関わってきます。開幕週だけに稍重は問題ないでしょうが、重・不良とまで悪化すると割り引く必要がありそうです。前走はシルポートの大逃げを追走する難しい競馬でしたね。深追いするともたないし、後続の目標にはされてしまう…。横山典騎手はレースの流れが読める騎手で勝てる位置取りがよくわかっている騎手です。今回は叩き2戦目で勝ちを意識して乗ってくるでしょう。

⑮ダノンヨーヨー…マイルで6勝の力量馬なのですがここのところピリッとしません。が、前走のマイルCS4着は立ち直るきっかけとなってもいい感じの好走だと思います。一息入りましたが捻挫治療とリフレッシュの放牧でここから仕切り直しといったところでしょう。さて、音無厩舎の勝負仕上げはレースの前日追いにあります。前日にも関わらず時計を出してくることが目安。ダノンヨーヨーは前日にも関わらずしっかりと負荷を掛けられてきました。かなり好感が持てます。このレースには音無厩舎は3頭出し。ミッキードリームも前日追いを掛けてきましたが中間の内容がよくありません。もう1頭のレッドデイヴィスも前日に坂路に入れてきましたが、こちらは時計になっていません。メルマガで素質と期待度から注意としましたがここは過度の評価はできそうにありません。今回はハルパパは軽視します。音無厩舎ではダノンヨーヨーに勝負気配を感じます。

⑯エイシンアポロン…力量馬であることは間違いないでしょうし、休み明けもまずまず動く素直な気性の持ち主ですね。それでも叩き良化型であることに変わりはありません。今回エンジン全開とはいかないでしょう。もっと言えばその必要がない。GⅠウイナーですから狙いは当然次の安田記念です。仕上がりも余裕残しが感じられます。そしてハルパパが最も懸念することは速い時計の裏付けがないこと。1.33.0ではややパンチ不足かな。今日の馬場が想像を超えて大雨となり馬場が渋れば怖い一頭ですが、それにしても勝負は次です。前走後に筋肉痛のアクシデントがあったようですが、それは大きな問題ではなさそうですね。

⑥コスモセンサー…昨日のバイアスからすると一番展開が向きそうなのがこの馬です。分析官の推奨馬のうちの1頭です。数値的に上位でもありレースぶりにスキルアップが窺えます。主戦の蛯名騎手はフローラSでミッドサマーフェアに騎乗ですから幸騎手で仕方なしですかね。鞍上弱化は気になります。

⑱グランプリボス…休み明けは今ひとつの馬ですから今回は大外枠でもあり苦戦は免れない感じです。メルマガでは能力から注意が必要としましたが、最終的には割り引くことにしました。余裕がある人は抑える手はともちろんあると思います。

⑦レッドデイヴィス…厩舎の期待馬でもあり素質馬であることは鳴尾記念勝ち、古くはシンザン記念勝ち、それに有馬記念挑戦からみてとれます。この馬もメルマガでは条件つきで注意としていましたが、音無厩舎の勝負仕上げから大きく外れる今回は無理に狙うまでは至らないかな。前走は負け過ぎでもあり少し波調が狂った感じがします。

⑬ヤマカツハクリュウ…阪神カップは芝1400Mでレースペースが速くそれに引っ張られた数値ですね。流れが向いたにも関わらず8着でした。1600Mでは開幕週に求められる速い時計の決着に対応できないだろうからまったくの軽視が妥当でしょう。

①トーセンレーヴ…連闘策を取り入れてまで出走にこだわったダービー。ディープ産駒×ノーザンFの強力タッグだけに期待も大きかったということでしょう。そのトーセンレーヴがマイル路線に矛先を向けてきました。試走に選んだ洛陽ステークスは期待通りに完勝。ここでの結果で安田記念ということになります。ディープ産駒×ノーザンFはリアルインパクトもいますが、おそらく心許ない感じがするのでしょう。期待はむしろこちらかもしれません。道悪も極端に雨が降らなければ大丈夫そうですね。洛陽Sは良発表でも馬場はあまり良くなかったですから。3歳時に順調にクラシック戦線に乗れなかった馬ですが、今年はローテーションもゆったりで好感が持てます。そしてそのことが追い切りにもよく表れていて、トーセンジョーダンと併せての攻め強化は特筆ものです。

⑭リアルインパクト…昨年の安田記念の勝馬で今年の最大目標は連覇ということになります。今年は斤量の恩恵がありませんからかなりハードルは高さそうですね。昨年の安田記念のRPM値においても斤量差によるところが大きかったことを表していました。さて、この馬は堀厩舎の管理馬です。昨日のサイオンと併せていたのは実はこのリアルインパクトだったわけです。つまりこの併せ馬はサイオンの為ではなかったということです。昨日のサイオンはお付き合いの併せ馬ということから馬券対象としましたが、リアルインパクトはどうしますかね。攻めは熱心に行われていますが勝負仕上げは次の安田記念でしょう。何回でも言いますが堀厩舎の勝負仕上げは単走が一番の勝負掛かり。併せ馬を敢行するのは馬が仕上がっていないからです。最終追いを注意深く確認すると併せた上にゴール過ぎても追い続けていました。間違いなく仕上がり途上とみています。

10頭についてみてきましたが、是非参考にしてみてください。

≪ハルパパの最終決断!≫

人気ブログランキングへ




△⑯エイシンアポロン
△⑱グランプリボス
△⑭リアルインパクト

力量馬3頭を△に回して勝負。三連系の3着には抑えることは必要ですかね。

勝負馬券は…

【馬連】★=$$の4点!

今回は馬連が勝負です。三連系は三連複よりは三連単でしょう。

【三連単】★→$$→$$△△△の24点!
     →★→$$△△△の12点!

三連単は合計36点!

かなりの攻め予想です。ハルパパは馬連勝負!三連単はボーナス感覚で買います。当たればラッキーというやつです。

………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/869-4489102b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。