08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【天皇賞(春)】詳細レースカルテPART.4 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………

詳細レースカルテPART.1
天皇賞(春) GⅠ
4/29(日) 京都11R 芝3200M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒106RPM
●先行値⇒50RPM
●末脚値⇒56RPM
※当該レースで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
天皇賞登録馬
↑出走馬の近三走RPM値

≪レースカルテ⑤数値比較≫
今日は各馬の近走パフォーマンスをRPM値を基に紐解いてみたいと思う。

RPM値が「各馬のパフォーマンスを数値化している」なんて話は今更だが、見方とか使い方になると繰り返し復習しておく必要がある(馬券力向上のため分析官自身も)。

たとえば、今走に限っては「トーセンジョーダンはちょっと危険かもしれないなあ」という感触を分析官は抱いていて、このことはすでに表明している(ハルパパの見解は明日のメルマガ~最終決断で)。多少重複するかもしれないが、その理由を記しておく。

まずはトーセンジョーダンがどういう馬なのかといえば……。ひとことでいうと「長くいい脚を使う」タイプで、その意味では直線は長い方がよく「京都外回りなら合うんじゃないか」との見立てはおおよそ外れていないように感じる。一方で、直線の短い中山や札幌でも結果を出していて、ひとことで片づけるには無理が生じるようにも思う。

そこで今一歩踏み込んでおくと……。

昨日トーセンジョーダンの売りは“タフネス”であるとした。つまりは多くの馬が音を上げるようなレースで真価を発揮するという意味合いだが、これも必ずしも特長を明確にしてはいない。正確には、「流れを問わず、中距離戦において残り5Fにわたり11.5~11.7秒の時計を並べられる馬」とするのがいい。GⅠを前提にすれば、スピードのMAX値を問う流れでは切れ負けするが、スピードの持続力を問うようなら踏ん張り切る、あるいは浮上する。たとえば昨年の秋天と有馬。トーセン自身はともに同程度の上がりを使っている(=残り5F11秒中盤×5)わけだが、着順は1着と5着である。シンプルにいえばレースタイプの違いが着順に影響したことになる。結果、“タフネス”というキーワードがクローズアップされるわけだが、流れの全く違う2つのレースで同程度の上がりが使える(それも5Fに渡って)ことがそもそも驚異だろう。当然、強さが際立つのは流れが厳しい(=他馬が音を上げる)方に決まっている。結果、消耗戦向きという端的な分類分けがなされることになる。ここで勘違いしてはいけないのは、相手が弱化すれば瞬発戦でも結果を出せるレベルにあること(究極の瞬発戦なら取りこぼしも有り得るが)。

前振りが長くなってしまったが、このあたりをRPM値はどう表すか?
近三走を見ると次のようになる。

トーセンジョーダン
前 走 大阪杯    78【11-67】3着
二走前 有馬記念   80【14-66】5着
三走前 ジャパンC  107【45-62】2着

かなりわかりやすい。先行値がいかに変動しようとも末脚値は変わらないということ。末脚値は残り3Fだけを表しているので、実際のところ5Fもの脚が使えるトーセンの末脚のすべてを表してはいないが、それでも特長は十分伝わってくると思う。要はペースがどうなろうとも後半の脚は変わらないのだ。ちなみに一流馬なら一桁~35RPM程度の先行値では末脚値を崩さないわけだが、トーセンの場合は先行値が50RPMまでなら踏ん張ることができる(=タフさの表れ)。

これが切れ者=1F10秒台が刻めるタイプの馬だとどうなるか。同じローテを踏んだローズキングダムあたりは……。

ローズキングダム
前 走 大阪杯    75【05-70】4着
二走前 有馬記念   75【09-67】12着
三走前 ジャパンC  101【42-59】9着

トーセンと比べれば先行値=流れによって末脚値=上がりの脚を大きく変動させていることがわかる。つまりは流れが厳しくなれば不要な馬(もちろんGⅠを前提に)とするのが妥当となってしまうということ。浮上するには流れの緩い瞬発戦でないとなかなか……である。

で、ここから先は読みの部分。

先に記したトーセンの特長には、「中距離戦において」とただし書きを付けた。要は2000~2500Mまでならという条件付きだ。これが初距離となる3200Mならどうなるか。本質的なステイヤーではないとの前提に立つと、分析官は5Fにわたる11.5~11.7秒の脚はさすがに崩れるだろうと見ていて、鞍上には位置取りを前めに取る怖さが付きまとうのではと想像するわけだが……。では、どの部分でラップが崩れるのか? ひとつは残り5F~4Fにかけて、もうひとつは最後の1Fだろう。レースに照らすなら脚を溜めて差す競馬を試みるのか、早め抜け出しを図るのか。前者なら馬券圏内はかなりの確率で危なく、後者=いつもの競馬(5Fで脚を使う)に徹するなら「もしかすると2着の線も……」の思いは残るも、厳しさを払しょくするまでには至らない。それは相対比較でトーセンジョーダンよりもコース適性、距離適性の高い馬が他にいるとの見地であり、結果、好走してすら4~5着の線が濃厚だろうと。

距離とペースのバランスから、今走のトーセンジョーダンの想定パフォーマンスは、98【40-58】~100【40-60】。位置取りを下げるようなら96【36-60】~98【36-62】あたりではないか。

他馬にも目を向けておくと……。トーセンと同タイプの馬に人気ブログランキングへがいる。

が、こちらの方は距離適性の点でトーセンより上との評価は過去走から成り立つ。もちろん絶対的な力量でトーセンを逆転するとはしないが、この距離なら「一応は逆転の目があるのでは?」との見立て。

近三走では、94【32-62】 71【10-61】 88【26-62】といったパフォーマンスを見せており、先行値が40RPMまでなら60RPM台の末脚値をキープする可能性を残している。その意味では、あまり流れは厳しくならない方がいいだろう。一方で二走前の先行値10RPM=温い流れのレースですら末脚値が61RPMにとどまる以上、瞬発戦も向かない。とすれば好走ゾーンは狭いと見るのが妥当だし、相当ハマらなければ馬券圏内は難しいだろう。おそらく人気サイドだとは思うが分析官的にはさほど評価していない(ハマったときに残り目がある以上、買い目に入れざるを得ないが……)。

もう一頭見ておくと、分析官が多少気にする馬としてがいる。近三走のパフォーマンスは、92【33-59】 77【13-59】 105【41-64】。多少ムラを感じさせる数値バランスだが、三走前だけ走れば怖さはある。とくに距離・コース適性が高いので、状態面さえ整っていれば「今走100【35-65】ぐらいのパフォーマンスは想定しておかなくては」との思いが残り、その意味では買い目に足しておきたい馬の一頭だろう。

ちなみにRPM値を基にした今走の勝負ラインは106【50-56】である。上がり最速の目安は58~61RPM。これを実際の組み合わせに落とし込めば102【42-60】ぐらいのバランスにかわり、上がり最速は65RPMまでイメージしておく必要がある。とすれば上記した100【35-65】のパフォーマンスなら馬券圏内を争う資格を有すことになる……。

続きはメルマガでおよびハルパパに譲る(もう家を出なくては……汗)。


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/873-4f716484
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。