06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【NHKマイルC】詳細レースカルテPART.2 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………

ATTENTION!
お知らせ

今週末から、もう少しRPM値を積極的に前面に押し出した形で、レース見解⇒予想の形にシフトしてみようかと考えています。

RPM値を実際のレースで活用する際もっとも重要となるのが、各馬の「今走パフォーマンス」がどうなるのか? 通常の馬柱検討も同様で、近走(過去走)から今走の走りを予測し馬券に落とし込むのが一般的な競馬予想の形。当ブログの根幹をなすRPM値をより実践的に使いこなすためにも、各馬の「今走パフォーマンス」に力点を置いた形でRPM値馬柱を作り換えたいと思います。それと。メールおよびコメントで「RPM値一覧をより多くUPしてほしい」といったリクエストを多々頂戴してきました。物理的な問題もあり可能な範囲内となりますが、試しに週に10レース程度UPしてみます(土曜5レース、日曜5レース。※ハルパパの体力が続けば……)。レース検討の参考にしてみてください。
                                         By 分析官




詳細レースカルテPART.2
NHKマイルC GⅠ
5/6(日) 東京11R 芝1600M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒105RPM
●先行値⇒47RPM
●末脚値⇒58RPM
※当該レースで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
NHKマイルC


≪レースカルテ③展開予測≫
東京マイルはレース展開(流れ)に幅があるので、落とし込むのが少々やっかい。近年のNHKマイルC自体はそれほど緩い流れにはなっていないものの、東京マイル全体を見ればスローからの直線勝負の形(瞬発戦)は一応想定する必要がある。

まずは出走予定馬の近走パフォーマンスから、流れを探ってみる。

近走で逃げ経験のある馬は以下の3頭。近三走の先行値を列記してみると……。

カレンブラックヒル  37RPM⇒39RPM⇒46RPM
ガンジス       64RPM⇒34RPM⇒44RPM
メジャーアスリート  54RPM⇒46RPM⇒46RPM

ガンジスの三走前とメジャーアスリートの二走前、三走前はダート戦のため参考程度に留めるべきだが、それでも一応の目安にはなるか。

まずはガンジス。三走前の64RPMは東京ダート1400M戦&自身4角3番手のもので、みずから作った流れではないし、末脚値12RPMと終い歩いていることをみても明らかにHペースに巻き込まれ失速した内容だったことがわかる(2着ではあるが……)。二走前は阪神芝1600M戦。自身の先行値34RPMで逃げて末脚値は57RPM。まずまず及第点の内容だろう。着順は同じ2着だが、パフォーマンスは明らかにアップした。つまり、ガンジスが先手を奪うならそれほどは速い流れにはならない=35RPM程度だということ(前走は出遅れて控えたために参考外)。

次にメジャーアスリート。芝を3戦したあとダートを4戦。そして前走は京都芝1400M戦に出走した。過去、芝のレースでは一度も逃げたことはないが、前走46RPMの先行値をマークしており、芝でも速い流れに対応することは一応証明している。一方、ダート戦では4戦中3戦で4角先頭の競馬をしており、行く馬がいなければハナ主張は十分あり得る存在。少なくとも逃げるようならガンジスよりはスピード上位だろう(力量上位とはいえない)。

最後にカレンブラックヒル。前走NZTを見る限り、みずから注文をつけに行くタイプではなく理想は先行~好位の一角。それも2~3番手のあたりとみておくのが妥当だ。ただし、ガンジス、メジャーアスリートが控える作戦に出ればハナに押し出されるケースは想定する必要がある。というのもスタートが上手くテンの脚が速いため、最初の1Fは先頭である可能性が高いから。

展開イメージの基本は、テンに速いカレンブラックヒルに対し、ガンジス、メジャーアスリートの2頭がハナを主張するのかどうか。まずはこれが入口だろう。カレンブラックヒルの先行値としては流れに応じてとなるも、逃げるケースになれば40RPMが上限。他馬が引っ張るようなら45RPM程度だろうか。つまり、ガンジスの引っ張る流れ=35RPM程度では遅すぎる印象で、メジャーアスリートの積極策=45RPM程度ならカレンにとっても理想的でレースはまずまず流れると言う見立てだ。

メジャーアスリートの逃げ=45RPM前後
カレンブラックヒルの逃げ=40RPM前後
ガンジスの逃げ=35RPM前後

逃げ馬によっておそらくレースの流れは10RPM程度の幅は出るのだろうと推察する。上記3頭以外に唐突に積極策に打って出る馬がいないとも限らないが、そのケースでも安定した先行力のカレンブラックヒルの存在がある以上、極端な前傾ラップを刻む可能性は低いだろうし、逆にドスローの流れも想定し辛い。

ベースとなるのはひとまず40~45RPMの流れ=平均ペースの持久力勝負ではないか?

この流れを前提にすれば、中団の組で35RPM程度、後方組で30RPM程度の脚は前半に使わされる。

たとえば、ジャスタウエイという馬がいる。近三走のパフォーマンスレベルは……。

ジャスタウエイ  87【21-66】 85【27-58】 80【15-65】

過去に一度も自身30RPM台の流れを経験していない上、今のところ末脚値にも限りがある(=65~66RPM)。馬のキャラクター的には長くいい脚を使うタイプで良馬場の瞬発力勝負が合うと見るのが一般的。なので前走並みの流れで行けるのであれば、末もきちんとまとめてくるだろうが、先行値をアップさせた上で末脚値も伸ばしてくるとなると相当な上積みが要求される。決着レベルとして想定する105RPMはともかく、100RPMでもかなりハードルが高いと感じるのだが……。分析官の目にはやや危険に映る一頭。馬券的には主軸に推すには無理があり、せいぜい押さえ評価までだろう(切りまである)。人気サイドなので、もう一歩踏み込んでおく。気になるのは先行値と位置取りの関係だ。


三走前・東スポ杯2歳S  自身先行値15RPM 4角6番手
二走前・きさらぎ賞    自身先行値27RPM 4角5番手
前 走・アーリントンC  自身先行値21RPM 4角12番手

各レースとも休み明け・調子・馬場等、ネガティブな要因はいくつか抱えていたが、そのあたりを横におくと……。基本的にはスローの好位~中団前め=逃げ馬を射程圏に捉えつつ、道中脚を溜めることで末を伸ばすのがベーシックなレーススタイル。前走は二走前の反省があったのだろう。要するに、位置取りを意識したことで道中脚を使わされた結果、ディープ産駒の切れ者3頭に大きく水を開けられてしまった内容がきさらぎ賞。位置取りよりも自身のペースを守って脚を溜めれば、直線だけで11頭をごぼう抜きできるだけの末があることを証明したのがアーリントンC。ただし総合的なパフォーマンスは二走前85RPM、前走87RPMとどちらも変わらず。大きな進化とはいえない。今走、レース先行値を40RPMと仮定すると……。好位の競馬はちょっと苦しく、おそらくは後方追走の形だろう。要求される先行値は20RPM後半~30RPMで前走よりも10RPM近く速い流れとなる。連対圏を意識するなら、末脚値は70RPM程度必要となり、決して楽な流れとはいえないということ。分析官の見立てでは、ジャスタウイエが好走するにはガンジスあたりが引っ張る35RPM程度のスローペースが必須条件では、と。

想定する展開面から分析官が注目する馬は以下の2頭。

一頭は速い流れの持久力戦で末が生きるこの馬⇒人気ブログランキングへ

もう一頭は前走パフォーマンスがバカにできない伏兵の一角⇒



………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/882-bdaadddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。