10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【ハルパパ十番勝負!】~第伍番~ 日本ダービーGⅠ 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………

■崖っぷち馬券バトル!?
ハルパパ十番勝負!~第伍番~

■東京10R
日本ダービーGⅠ

東京10R

こんばんは。ハルパパです。いよいよ日本ダービーとなりましたね。日曜競馬は日本ダービーの一鞍に絞って渾身の勝負をかけてみたいと思います。牝馬のクラシックは桜花賞→オークスと順調に的中したのですが、牡馬のクラシックは初戦の皐月賞を落としてしまいました。なんとかこの日本ダービーでリベンジを果たしたいと思っています。

今年も当然のことながらフルゲートの18頭でレースが行われるわけですが、馬券候補の対象になると思う馬は限られてくると考えています。基本的にこの時期の3歳オープン馬は古馬1000万条件と1600万条件の中間程度とみているのですが、出走馬18頭の能力差はかなり大きいものとなっています。数値的にみて1000万条件ではまだ足りないレベルの馬もいれば、1600万条件でも勝ち負けレベルにある馬も数頭います。

狙うべきは当然1600万条件でも勝ち負けできる馬となるわけですが、予測する展開によって絞り込み方が違ってきます。そこで展開について少々触れておきたいと思います。

展開面を探るには先行馬を考察するところから始めるわけですが、ハルパパは先行馬として6頭をみています。枠順の内から…

③ゼロス         88RPM+α
⑦コスモオオゾラ    101RPM
⑩ディープブリランテ  101RPM
⑭トーセンホマレボシ  103RPM+α
⑰グランデッツァ    101RPM
⑱アルフレード      95RPM

逃げ候補は内に入った③ゼロスが濃厚ですかね。ただ数値的には苦戦は免れないでしょう。⑩ディープブリランテが前に壁を作れずに1角に侵入すると掛り気味に行ってしまう可能性があります。やはり三走前の共同通信杯で逃げて競馬をしてしまったことが尾を引いているようですね。掛り癖のある気性の馬は一度でもレースで逃げてしまうと制御が難しくなるケースが多いようです。スプリングステークスも皐月賞も折り合っているように見えますが、馬場が悪い状況下では掛りにくいということもあったわけです。今回は晴れの良馬場ですから掛り易くなり共同通信杯の二の舞になることも十分に考えられます。⑦コスモオオゾラは時計が速い決着に大きな不安がある馬です。

実際のレースの中で先行馬が好走する為には、二つの課題をクリアしなければなりません。最後の直線に入ってから同型となる他の先行馬を振り切ること。この課題をクリアした馬が次にすべきことは差し・追込み勢の追撃をかわすことです。

今回の先行候補6頭をみてみると、強烈な先行馬が1頭いますね。⑭トーセンホマレボシです。前走の京都新聞杯を番手から抜け出してコースレコードで駆け抜けました。速い時計が出る馬場だったにしてもレースレコードではなくてコースレコードだったということに驚きを感じています。まだ3歳の春ですからね。レコードタイムは速いペースに引っ張られた差し馬が叩きだすケースが多く、先行押し切ってのレコードというのは稀なことだと思っています。今年は⑭トーセンホマレボシのようなスペシャルな先行馬が参戦しているということが大きな特徴ですかね。場合によっては問答無用で逃げてしまうケースもあるかもしれませんが、そこは距離とコース特性を考えて最初は淡々とレース運びをしそうです。おそらく3角~4角の中間あたりから加速し始めて直線に入ってからは後続の追撃を振り切れるセイフティリードを確保すべくロングスパートを仕掛けてくるはずです。

この先行パフォーマンスにとりあえずついて行けそうなのは力量的には⑩ディープブリランテ唯一頭となりそうです。他の先行馬は振り切られて壊滅でしょう。ただし⑩ディープブリランテとて楽ではありません。今までよりも厳しい同型の存在により末脚を鈍らせ、後続の追撃をかわす余裕は残りそうにありません。

さて差し馬に関してですが、こういう展開は差すのも楽ではありません。騎手が身につけている射程圏という感覚から知らず知らずのうちに追走に脚を使わされてしまいがちです。長くいい脚が使える馬で基礎能力が高い馬でないとなりません。スローの瞬発戦を追いこんだ経験しかない差し馬は大体のケースにおいて凡走するものです。

②ヒストリカルの取捨をギリギリまで考えていたのですが、ここは不発となる可能性の方が高いと判断し軽視することにしました。もとより皐月賞上位馬と比べて能力も劣っているわけですし、2カ月ぶりの実戦における厳しい流れは馬がしっかりとついていけないケースが多いからです。

最終的にハルパパは今年のダービーは平均速めの持久戦になると見て4頭まで絞り込みました。

★⑥ゴールドシップ
⑭トーセンホマレボシ
⑧ワールドエース
△⑪フェノーメノ


【ハルパパの最終決断!】

勝負馬券は連複系とします。

≪馬連≫3点勝負!

★= ¥7,000
★= ¥20,000
 ¥3,000

≪三連複≫4点勝負!

 ¥10,000
△ ¥2,000
△ ¥6,000
△ ¥2,000

日本ダービーは今回の十番勝負!の目玉でもあり、総額¥50,000で勝負を敢行したいと思います。
万全の態勢で△馬を増やして的中確率を上げることも考えましたが、今回の十番勝負は予想主体ではなく馬券主体としたいのでギリギリまで絞って勝負したいと思います。

おさえ馬券は何点買っても所詮はおさえ。一番勝負したい組み合わせで決着した時に最大限の儲けが出るように馬券を組み込みました。皐月賞のリベンジを果たせるように応援よろしくお願いします!

………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓   
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/915-117a72d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。