07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【天皇賞(秋)】GⅠ特集 展望PART.1 

まずは応援クリックお願いします。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

GⅠ特集 展望PART.1
天皇賞(秋) 
10/31(日) 東京11R 芝2000M GⅠ

⇒競馬に携わって生活していると時間の経過がとてつもなく速く感じる。月曜日と火曜日に先週のレースに出馬した馬のRPM値を算出。水曜日と木曜日はレースリプレイを繰り返しチェックする。チェックする項目は多岐にわたる。レースレベルだったり、各馬のコース取り、不利の有無、馬場状況等々。金曜日・土曜日はレースの実戦予想。時間に追われる毎日だ。

⇒レースリプレイをチェックする作業はかなり重要である。数値として上がってきたRPM値と実際のレースの映像とをすり合わせて再確認しているのだ。たとえば、RPM値100をマークした馬がいたとする。この数値は余力を残してマークしたものなのか、それとも目一杯でマークしたものなのかを実際の映像を通して判定しなければならない。RPM値(リアル・パフォーマンス・メーター)は競争馬がレースで見せたパフォーマンスを一切の主観的要素を排除して客観的に算出された数値である。

⇒指数系の数値を使った予想は世に数多ある。レースの不利とか通ったコースで発生したロスを補正しているタイプのものをよく目にする。例えば2馬身出遅れた馬には+5点とか、4角で大外を回った馬には+10点というように数値を加算して補正しているようである。

⇒当欄ではRPM値の数値を補正することはしていない。なぜならば、前述の例でいうと、2馬身出遅れた馬のロスは単純に2馬身では済まないと思うからだ。しかもその馬の脚質にもよるし、ペースにもよる。逃げ馬が2馬身も出遅れたら、そのレースは度外視する方が正しいと思っている。まったくレースになっていないからだ。

⇒確かに出遅れは大方の場合は不利である。が、出遅れて有利になるケースも少なくない。たまたま出遅れたレースが超ハイペースとなり、後方からの追い込みがツボにはまって結果的に好走につながるケースがあるからだ。

⇒4角で大外を回ることも不利であることに異論はない。距離損は確実にあるからだ。ただ一方で揉まれないとか、進路が塞がりにくいという利点もある。が、その馬が今回のレースでまた大外を回るとしたら補正する意味はないだろう。常識的に逃げ馬が大外を回ることはない。多くの場合は差し馬が外を回る。しかしそれは差し追い込み馬の宿命である。内側は逃げ先行馬で進む余地がないから進路を外目に取らざるを得ないのだ。これは不利とは言い難い。以上の理由からRPM値を補正することはしていない。つまり客観性を保つことにこだわりを持っているのだ。

⇒今日は前述の話と関連させて天皇賞に出走してくるペルーサについて触れておこう。ペルーサは当欄が注目している一頭だ。一昨日に天皇賞出走予定馬のRPM値を公表した。そこにもある通りペルーサの前走の毎日王冠のRPM値は104で、近5走のRPM値の幅は85-104RPMである。前走RPM値でも近5走RPM値の幅を見ても他のメンバーと比べて上位とは言い難い。それでも当欄がかなり注目しているのには理由がある。

⇒前走のRPM値は、先行やや有利な平均ペースのレースで3馬身出遅れて後方から追い込んでマークしたものである。この場合の出遅れは明らかに不利である。仮に補正をするとしたら最低109RPMはあるだろう。そうなると、まったく不利なく競馬ができたアリゼオやエイシンアポロンよりは上位の力があると考えられる。力は認めるが出遅れ癖がある以上RPM値の補正には至らない。

⇒もうひとつ。ペルーサが近5走でマークした最低値は85RPMである。これは二走前のダービーでのものである。ダービーでもペルーサは出遅れている。出遅れたために位置取りが悪くなり、4角も大外を通らされた。しかもペースはスローである。不当に低い数値になったわけだ。

⇒さて、この85RPMについて当欄は補正を行っていない。では予想時に放置しているかと
いうと、そうではない。実は、RPM値には分身的なツールがあるのだ。今後数値が不当に低くなっているものに関してはこのツールも公開していく。今週公開するレースすべてに対応していくつもりだ。

⇒長くなるので(もう十分長いか…)詳細は別の機会にするが、今後ペルーサのRPM値はこのように表記されることになる。

ペルーサ 前走104RPM  近5走 85(5)-104

⇒新しく表記されるのは85の横にある(5)だ。このカッコ内の数値は0に近いほど評価を高くすることだけ覚えていればいい。このツールを他馬と比較する場合の使い方はこのようにする。

⇒例えばアクシオンの最低値は87となっているいるが、今後は、87(17)と表記する。ペルーサの85(5)とアクシオンの87(17)ではペルーサの85RPMの方が上位と見ればいい。0に近い数値はペルーサの方であるからだ。RPM値の横にカッコがない場合はその数値を額面通りで受け止めていい。多少の戸惑いはあるかもしれないが、すぐに慣れるしより使い勝手がよくなるはずだ。

⇒最後に、こうした細かい作業の上で当欄は毎週予想を提供しているが、今回の天皇賞でRPM値的に堅軸となる馬がブエナビスタである。最終追い切りの状態と枠に問題なしと判断されれば,重い印を確実に打つつもりだ。

⇒明日はスワンSの展望をRPM値+新ツールを使って公開するつもりだ。


ブログランキングに参加しています。
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

  ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト

コメント

応援クリックさせて頂きます!
宜しければ僕の方も応援して頂けると嬉しいです!
いきなりの厚かましいコメントで申し訳ありません。
コメントなど残して頂ければ、出来るだけ毎日応援に着たいと思います!
それではこれからも頑張ってください!

URL | 白ポーター #- 【2010/10/27 08:00】 *edit*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/94-c6ae4ac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。