04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬特別予想

【ハルパパの決断!】阪神10R 鶴見特別 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………

ハルパパの決断!】渾身の一鞍

阪神10R 鶴見特別 1000万下 ダート1200M レースRPM値目安97RPM

阪神10R

こんにちは。ハルパパです。夏競馬が始まりましたね。来週の宝塚記念が終わると本格的に夏競馬に突入します。この時期からの競馬で鍵を握るのは降級馬の取捨てです。メンバーが楽になる降級馬は確かに条件的には有利であるし、毎年のように降級馬は好走実績を残しています。ただし全ての降級馬が好走するわけではなく、近走のパフォーマンスを把握して好走・凡走の見極めをしなければなりません。さらには成長盛りの3歳馬が斤量の恩恵を武器に参戦してきますから、力量面の考察は普段よりも慎重に行わないとなりません。

ハルパパは分析官の【レース分析シート】のフル活用をお薦めします。これからの時期は競走馬の能力比較がちょっと難しくなりますから、みなさんの予想に必ずお役に立つと確信しています。今日も5鞍の馬柱とレース分析シートが公開されています。是非ご覧になっていただきたいと思います。

さて土曜競馬でハルパパが勝負するレースは阪神10Rの「鶴見特別」。
1000万条件のダート1200M戦で馬場状態は重~不良を想定しています。1000万条件のダート戦の勝負ラインは97RPMですが、ここには既にこのクラスを勝ち上がった実績のある降級馬が4頭も参戦してきています。つまり勝負ラインは気持ち上回る可能性があるということです。少なくともレースレベルは標準以上となるでしょうね。

ここに前走500万条件を勝ち上がってきた昇級馬が2頭参戦してきています。軽量3歳馬の参戦は1頭。⑨テイクエイムが出走を取消して15頭立ての競馬になりましたが、能力差は明確にあるレースだとみています。

現在前売りで人気を集めているのは②スノードラゴンで1.6倍の単勝オッズを示しています。近三走1600万条件の特別戦で100%馬券になっている実力ある降級馬です。馬券的には②スノードラゴンが鍵を握るレースであることは間違いないでしょう。

レース的に鍵を握る馬は⑩ベストバウトでしょう。レースの鍵を握るとは展開を紐解く鍵を握るということです。レース展開を考察して②スノードラゴンが信頼に足る主軸馬となりうるのかどうか。そしてスノードラゴンがやはり馬券になるのであれば、どんな相手を引き連れての決着となるのか。これが重要になってきます。

展開面を考察すると、ペースの決定に関与してくる馬は3頭。近走の先行値を整理すると浮かび上がってきます。ここで注意すべきことがあって、中山と新潟のダート短距離戦は先行値が非常に高くなる傾向にありますので、該当するレースに関してはその馬の位置取りを再度確認すべきかと思います。たとえば⑭イチオカの前走である「八海山特別」。このレースのイチオカの先行値は60RPMと非常に高い数値を示していますが、この馬の位置取りは11~15番手となっています。もともと先行値は各馬の位置取りを示すものではないのですが、イチオカは追込み脚質の馬ですからレースの流れを作り上げることに関与はしてきません。先行馬が速ければそれに乗じてイチオカの追走ペースも速くなり、先行馬が遅ければイチオカの追走ペースも遅くなるといった具合です。

で、話を元に戻します。今回のレースの展開作りに関与してくるのは内から③サクラインザスカイ・⑩ベストバウト・⑪ゼットサンサンの3頭だとみています。考えられる最速のペースは⑩ベストバウトの三走前に見せた69RPM。しかしこの先行値は速くなりやすい中山ダートであることと、さらに速いペースで逃げる馬がいてその馬に引っ張られた先行値であることからここまで速くなることはないでしょう。③サクラインザスカイも60~66RPMという高い先行値を持ってはいますがハナを徹底主張する馬ではありません。番手で折り合う競馬がこの馬の基本だと思います。今回は内枠でもあり鞍上がCウィリアムズであることから初めてハナを主張する可能性は否定できませんがね。⑪ゼットサンサンがハナに行くことになるのなら56~61RPMあたりとなりそうです。

こうした状況から展開は60RPM程度の平均ペースの持久戦と判断しました。これに勝負ラインの目安である97RPMと併せて考えてみると、想定されるレースRPMは97【60-37】ということになります。

先行馬3頭の中でまっ先に脱落しそうなのが⑪ゼットサンサン。このペースで行ってバテナないパフォーマンスを見せたことはありません。⑩ベストバウトはかなり微妙。なぜならば4カ月の休み明けで状態が今ひとつだと思えるからです。最終追い切りの内容も以前に休み明けで馬券になった3走前に比べてかなり落ちる内容だと判断できます。が、今回の放牧でリフレッシュされてきていれば好走の可能性を否定し切れないことから穴候補に残すべきですかね。

③サクラインザスカイは昇級緒戦の3歳馬ですが、予測される今回の流れにおいても十分に立ち回れるパフォーマンスを持って昇級してきました。成長途上にあり伸びシロがまだまだあることからここはかなり好走確率は高いと思っています。

先行馬で気にすべきは③サクラインザスカイと⑩ベストバウトの2頭。この2頭には標準ペースで立ち回れる展開の利と前で頑張っても踏ん張りが利きやすい脚抜きの良い馬場が味方しそうですね。

さてこの逃げ・先行馬が好走するか否の鍵を握るのが直後に位置どる好位差し馬の能力です。②スノードラゴンが該当しますね。今回はゲートミスさえなければ、おそらく4~5番手あたりを追走できそうです。ただスノードラゴンは素軽さに欠けるタイプの馬でエンジンが掛ってから伸びを見せるのは直線に入って残り150Mあたりから。となると先行馬は息が入って粘りを増すことになりそうです。能力的には上位のスノードラゴンですが後ろから差されることはほぼないにしても前を残す可能性はありそうです。

もう1頭気にしておきたい馬がいます。⑮ナイトオブオペラ。外枠ですがこの馬は揉まれない外目で流れに乗れる時が好走可能なパターン。ただ距離ロスもある上に能力的にワンパンチ足りないことから流れ込んでの連下級ですかね。

あとは後ろから差してこれる馬。その中での能力上位は降級馬⑦トキノエクセレント。ただ右回りは内にもたれる特徴があることから、東京ダート1400Mがベストの舞台です。今日のように脚抜きが良い馬場は前に有利に働くことがあり追いこんで届かずのシーンは想定しておく必要があります。

最終的にハルパパの決断は…

ワイド1点!と三連複5点!で払い戻し!この決着の可能性は激高とみて強めの勝負に出ようと思っています。

ワイド1点 ⇒ 人気ブログランキングへ
三連複5点 ⇒ 

ハルパパは他の全てのレースを見送り、このレース一本で勝負します。
ハルパパの勝負馬券は先週の浮きの三分の一を投入決定!
ワイド 1点 投資金の50%を投入!
三連複 5点 ※均等買いもいいのですが、5点の中で2点は強めに勝負したいものです。ランキングにて公開していますので是非確認してみてください!
応援よろしくお願いします!

………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村  

質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/945-adba8039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。